• 車両保有台数の適正化
  • 労働時間の可視化
  • ガソリン代・電気代の節約
  • 日報作成の自動化
  • 車両保守費用の低減

保有車両数を減らしたい

車両の稼働率を算出し、繁閑期や拠点に合わせた最適な保有台数を把握

蓄積されていく走行データをもとに、いつ、何台の車両が使用されているのかを正確に把握。日別、時間別とドリルダウンして分析していくことで、車両の削減や共有化、地域へのレンタルなど様々な施策を検討できるようになります。

ドライバーや管理者の労働時間を把握出来ていない

走行距離、稼働時間を自動集計することで移動コストや管理コストを把握し低減

申告ベースの労務管理だけではなく、移動距離や時間といった事実ベースの管理を行うことで、従業員を守る働きやすい環境構築を推進。ドライバー・管理者を始めとしたあらゆる職種の移動コストや人的コストを低減できます。

ドライバーによって燃費(電費)に差があるようだ

急操作の多いドライバーを把握し、ピンポイントで運転の見直しを推進

燃費(電費)は運転操作の差に大きく影響されます。Honda FLEET MANAGEMENTではドライバーごとの急加速・急減速の発生場所や時間をアイコンで可視化。急操作の実態を把握し改善することでエコドライブにつながり、燃費(電費)向上の第一歩となります。

手書き日報の運用に手間がかかっている

走行データから日報の自動作成が可能なため、手書き日報を廃止

走行時間、距離、ルートから自動で日報が作成されるため、ドライバーの記憶に頼らざるを得なかった手書き日報の運用を撲滅可能。記録の正確性や公平性を担保しつつペーパーレス化や業務時間の削減を実現できます。

タイヤ摩耗が激しい車両があり、交換費用がかさんでしまう

車両ごとの走行距離や急操作頻度を把握し、運転操作の見直しによって摩耗リスクを低減

タイヤの摩耗は、走行距離と運転特性による影響が大きいもの。Honda FLEET MANAGEMENTでは車両の急操作の頻度や強さを把握できるため、数値を参考に運転操作を修正していくことで、交換頻度を低く抑えることが可能になります。車両に負担をかけない運転になっているか、継続してモニタリングすることが重要です。