• データに基づく安全運転指導
  • 安全運転管理者制度の徹底
  • ポジティブフィードバック

各ドライバーにおける運転のクセを把握できていない

走行データを元に、個人に合わせた安全運転指導を実施

走行ごとに急操作の種類、時間、場所を記録します。回数だけではなく、「時間帯によって急操作が増える」「いつも急操作が発生する場所がある」などの個別事情を把握し、適切な運転指導を行えるようになります。

急操作の詳細を把握し、重大事故を未然に防ぎたい

急操作の発生頻度をグラフで表示し、運転のクセを把握

「3秒前からの速度変化」から、急加速・急減速を判定し記録します。急操作が発生すると、設定した通知先へ自動でアラートが通知されます。

点検記録や日報の管理に、時間も手間も取られている

管理などのデータ収集をすべて自動化し、安全運転指導を強化

日報の自動作成や他社業務管理ツールとの連携などによって、あらゆる申請、管理をペーパーレス化。管理業務を削減することで、安全運転啓蒙といった本来の安全運転管理者の主体業務に集中できます。

ドライバーのためになる運転フィードバックを実施したい。

結果だけではなく、傾向や努力を評価するポジティブフィードバック。

短期的な結果や事故の有無といった事実だけではなく、定量データを元にした表彰や面談を行い、当事者意識を醸成します。さらに、通知機能による自己学習を促し、安全運転であることのメリットをドライバー自身が体感できる仕組みづくりに貢献します。