• 営業ルート適正化
  • 営業エリアの重複削減
  • 売上 × 訪問頻度の適正化
  • 急な依頼への迅速対応

よくある課題

新規開拓時の営業ルートが適正かどうかが分からない

解決イメージ

可視化された営業ルートから振り返りを実施し適正化

走行するだけで日々の営業活動に対して走行ルート、走行開始時間・終了時間、走行距離が自動で記録されます。
記録された走行データは管理画面からいつでも確認できるため、振り返りを実施することで適切なルート改善へ繋げられます。

よくある課題

各営業の担当エリアに被りが無いか知りたい

解決イメージ

オプションの分析レポートから各担当ごとの重複エリアを算出し最適化

オプションの分析レポートをご利用いただくと、担当者ごとの稼働エリアを「訪問マップ」として可視化できます。多くの企業様で見落としがちな、営業エリアの被りを無くすことで、効率的な営業活動を実現することができます。

よくある課題

ルート営業の訪問頻度が適切か分からない

解決イメージ

売上データと訪問回数の照合から費用対効果を算出し、訪問頻度を適正化

走行データと売上データを掛け合わせることで、走行距離に対する売上などを把握することができます。客観的なデータから、顧客ごとの訪問頻度を改善いただけます。システム連携により、売上データとの照合は簡単に実施可能です。

よくある課題

お客様からの急な依頼に対し、担当者の現在位置が分からず迅速な対応ができない

解決イメージ

車両の位置情報を一目で把握し、対象地点近くのドライバーへピンポイントで連絡

各車両の位置をリアルタイムに把握することが可能です。住所や地点名を入力し、近くにいる車両だけを表示することもできます。電話やメールでの位置確認が不要となり、お客様からの急な依頼へも迅速に対応いただけます。
また到着時間の問い合わせに対しても、現在位置から予測することで容易に回答いただけます。