• 配達遅延の再発防止
  • 車両保有台数の適正化
  • 事故の未然防止・ドライバーの安全確保
  • 自動通知による目的地到着の確認

よくある課題

想定よりも到着までの時間がかかり、お客様へ迷惑をかけてしまうことがある

解決イメージ

可視化された走行履歴から遅延要因を特定し、再発防止

走行するだけで配達ルートが自動で記録されます。配達遅延発生後に走行を振り返り、配達遅延の要因を特定することで、走行ルートの改善へつなげることが可能です。

よくある課題

車両の稼働状況を知りたい

解決イメージ

走行データを集計し車両ごとの稼働状況を把握

集計機能から、任意の期間で走行の合計時間や合計距離などを把握できます。また車両予約も併用することで、時間帯ごとの稼働も可視化され、適正な保有台数を導き出すことが可能です。

よくある課題

配達時の事故が多く、ドライバーの安全確保に不安がある

解決イメージ

急操作の実態からドライバーのクセを把握し、事故を未然防止

急操作の発生箇所を地図上へ可視化し、管理画面からいつでも確認できます。また運転特性レポートから、急発進・急減速のクセを把握することが可能です。
客観的なデータを元に指導を実施することで、重大事故の防止へ繋がります。"

よくある課題

配達先へ無事到着したことを把握したい

解決イメージ

指定範囲内への到着時に自動で通知を送付

任意の地点を事前に登録しておくことで、車両が指定範囲内に入ったタイミングで通知を受け取れます。通知先はグループでの指定も可能となっており複数の宛先へ同時に配信可能です。また地点からの範囲も30m〜100,000mの間から自由に指定できます。