• 緊急対応時における迅速な担当者配置
  • 重大事故の未然防止
  • 配送ルートの可視化・適正化

よくある課題

緊急の状況下において、現場に近い担当者の判別に手間がかかる

解決イメージ

車両の位置情報を一目で把握し、現場近くのドライバーへピンポイントで連絡

各車両の位置をリアルタイムに把握することが可能です。現場へ一番近いドライバーを一目で確認できるため、電話やメールでの位置確認が不要となり、一刻一秒を争う緊急の状況下でも迅速に対応いただけます。
また到着時間の問い合わせに対しても、現在位置から予測することで容易に回答いただけます。

よくある課題

小さな事故が頻繁に発生しており、重大事故へ繋がる危険性を抱えている

解決イメージ

急操作の実態からドライバーのクセを把握し、事故を未然防止

急操作の発生箇所を地図上へ可視化し、管理画面からいつでも確認できます。また運転特性レポートから、急発進・急減速のクセを把握することが可能です。
客観的なデータを元に指導を実施することで、重大事故の防止へ繋がります。

よくある課題

配送ルートが適正かどうかが分からない

解決イメージ

可視化された配送ルートから振り返りを実施し適正化

走行するだけで走行ルート、走行開始時間・終了時間、走行距離が自動で記録されます。 記録された走行データは管理画面からいつでも確認できるため、振り返りを実施することで適切なルート改善へ繋げられます。