• 事故の未然防止・ドライバーの安全確保
  • 配送ルートの可視化・適正化
  • 荷受け業務の効率化
  • 日報作成工数の大幅削減
  • 自動通知による目的地到着の確認

よくある課題

運送時の接触事故が多く、ドライバーの安全確保に不安がある

解決イメージ

急操作の実態からドライバーのクセを把握し、事故を未然防止

急操作の発生箇所を地図上へ可視化し、管理画面からいつでも確認できます。また運転特性レポートから、急発進・急減速のクセを把握することが可能です。
客観的なデータを元に指導を実施することで、重大事故の防止へ繋がります。

よくある課題

配送ルートが適正かどうかが分からない

解決イメージ

可視化された配送ルートから振り返りを実施し適正化

走行するだけで毎日の配送業務に対して走行ルート、走行開始時間・終了時間、走行距離が自動で記録されます。
記録された走行データは管理画面からいつでも確認できるため、振り返りを実施することで適切なルート改善へ繋げられます。

よくある課題

配送センターへの到着時間が把握できず、荷受けオペレーションが滞る

解決イメージ

車両の位置情報から到着時間を予測し、即座に回答

車両の位置をリアルタイムに把握することが出来るため、到着時間を予測することができます。配送センターの担当者様へ事前に伝えることで、あらかじめ準備を整えてもらうなど効率的な荷受けが可能となります。

よくある課題

日々の運行日報作成・管理業務に手間がかかる

解決イメージ

日報の作成を自動化し、管理画面で確認・集計することで大幅に工数を削減

走行するだけで、走行距離・走行時間などの日報を自動作成します。毎日の手書き作業や入力作業は不要です。
日報の内容は集計機能により任意の期間でまとめられ、Excel形式でのダウンロードも可能です。

よくある課題

拠点などへ無事到着したことを把握したい

解決イメージ

車両が登録地点の対象範囲内へ進入したら、自動で通知を送信

任意の地点を事前に登録しておくことで、車両が指定範囲内に入ったタイミングで通知を受け取れます。通知先はグループでの指定も可能となっており複数の宛先へ同時に配信可能です。また地点からの範囲も30m〜100,000mの間から自由に指定できます。
スクリーン リーダーのサポートを有効にする