• 緊急対応時における迅速な担当者配置
  • 営業ルート適正化
  • 日報作成工数の大幅削減
  • 自動通知による目的地到着の確認

よくある課題

緊急の状況下において、現場に近い担当者の確認に手間がかかる

解決イメージ

車両の位置情報を一目で把握し、現場近くのドライバーへピンポイントで連絡

各車両の位置をリアルタイムに把握することが可能です。現場へ一番近いドライバーを一目で確認できるため、電話やメールでの位置確認が不要となり、一刻一秒を争う緊急の状況下でも迅速に対応いただけます。 また到着時間の問い合わせに対しても、現在位置から予測することで容易に回答いただけます。

よくある課題

ルート営業時の走行ルートが適正かどうかが分からない

解決イメージ

可視化された営業ルートから振り返りを実施し適正化

走行するだけで日々の営業活動に対して走行ルート、走行開始時間・終了時間、走行距離が自動で記録されます。 記録された走行データは管理画面からいつでも確認できるため、振り返りを実施することで適切なルート改善へ繋げられます。

よくある課題

日々の営業活動やメンテナンス業務における、日報の作成・管理業務に手間がかかる

解決イメージ

日報の作成を自動化し、管理画面で確認・集計することで大幅に工数を削減

走行するだけで、走行距離・走行時間などの日報を自動作成します。毎日の手書き作業や入力作業は不要です。
日報の内容は集計機能により任意の期間でまとめられ、Excel形式でのダウンロードも可能です。

よくある課題

現場へ無事到着したことを把握したい

解決イメージ

車両が登録地点の対象範囲内へ進入したら、自動で通知を送信

任意の地点を事前に登録しておくことで、車両が指定範囲内に入ったタイミングで通知を受け取れます。通知先はグループでの指定も可能となっており複数の宛先へ同時に配信可能です。また地点からの範囲も30m〜100,000mの間から自由に指定できます。