出来ること

  • 加速/減速の実態をグラフで可視化
  • 急操作の発生頻度をグラフで可視化
  • 急操作の発生場所を地図上へ可視化

期待できる効果

  • 重大事故の未然防止
  • 納得度の高い安全運転指導

よくある課題

急操作の詳細を把握し、重大事故を未然に防ぎたい

解決イメージ

急操作の発生頻度をグラフで表示し、運転のクセを把握

「3秒前からの速度変化」から、急加速・急減速を判定し記録します。急操作が発生すると、設定した通知先へ自動でアラートが通知されます。

よくある課題

運転指導に活用できる、客観的な数値がほしい

解決イメージ

自動取得したデータを活用して納得度の高い運転指導

主観的になりがちな運転指導も客観的なデータを用いることで、指導者へは過剰な負荷がかからず、ドライバー側も高い納得感をもって改善に取り組めます。