出来ること

  • ドライバー情報の登録
  • 車両情報の登録
  • デバイス情報の登録

期待できる効果

  • ドライバー/車両/デバイス情報と走行データの紐付け
  • 動産情報から更新時期の自動通知

よくある課題

ドライバーを登録し、走行データと紐付けたい

解決イメージ

登録したユーザー情報は、各走行データへの紐付けが可能

ユーザーの情報を登録しておけば、車両予約時にリアルタイムでユーザー名が表示されます。また走行履歴に対し手動で後からの紐付けが可能です。

よくある課題

車両情報を走行データに紐付けたい。また動産情報の管理をラクにしたい。

解決イメージ

車両の詳細情報、各走行データへ紐付け可能。またまた動産情報からリマインダーを自動通知。

車両を登録しておけば、関連した走行履歴をまとめて確認できます。車両を予約した場合には自動で車両情報が紐づき、走行履歴に対し後から手動での紐付けも可能です。また、各車両の動産情報も登録可能で、車検の更新時期などに合わせて自動通知を受け取れます。

よくある課題

デバイスに、あらかじめ車両やユーザーの情報をセットで紐付けておきたい

解決イメージ

デバイスへの事前登録で、常にユーザーや車両情報とセットでの走行データ取得が可能

各機器に対して直接、ユーザー情報や車両情報など様々な情報を関連付けられます。それにより予約ではない通常の走行へも、ユーザーや車両の情報が常に紐づきます。