出来ること

  • 車両の事前予約
  • 車両予約状況の確認
  • 走行データへのユーザー名反映

期待できる効果

  • 空き車両の確保
  • リアルタイム/走行履歴でのドライバー名確認
  • 車両の適切な保有台数を算出

よくある課題

車両が空いていない状況が頻繁に発生する

解決イメージ

事前予約で重要な予定の車両を確保

予定に合わせ、事前予約することで、“いざ利用する際に車両がない”という状況を未然に防げます。

よくある課題

車両の予約状況を把握したい

解決イメージ

日ごとの予約一覧から一目で予約状況を確認

車両ごとに、誰がいつ予約しているのかが一目で分かります。また予約に対しての実稼働も確認可能です。

よくある課題

リアルタイムの車両位置へドライバー名も反映させたい

解決イメージ

予約時に登録したユーザー名をリアルタイム画面の車両情報へ追加表示

車両予約すると「リアルタイム」や「走行履歴」のデータへ予約者の名前が反映され、誰の走行データであるかが一目で分かります(デバイス登録設定画面へドライバー名を登録している場合は、常に表示されます)

よくある課題

車両の適正な保有台数が分からない

解決イメージ

予実の情報から適正な保有台数を把握

予約と実稼働を照合することにより、実際に必要な保有台数を把握することができ、コスト削減へ大きく貢献します。