出来ること

  • 走行ルートを自動記録し可視化
  • 急操作場所を自動記録し可視化
  • アイドリング発生時間を自動記録し可視化

期待できる効果

  • 走行ルートの最適化
  • 事故の未然防止
  • アイドリング状況の把握

日々の走行ルートが適正かどうか判断できない

走行を自動記録し、振り返りに活用することでルートを最適化

走行するだけで走行ルート、走行開始時間・終了時間、走行距離が自動で記録されます。 記録された走行データは管理画面からいつでも確認できるため、振り返りを実施することで適切なルート改善へ繋げられます。

急操作の有無を把握し、事故を未然に防ぎたい

地図上に可視化された急操作アイコンから、適切な安全運転指導を実現

急操作が発生した場合、走行ごとに発生場所と内容を地図上へ可視化します。管理者へ自動でアラート通知が送られ、また急操作の内容は管理画面からいつでも確認可能です。客観的なデータを元に指導を実施することで、重大事故の防止へ繋がります。

移動情報と併せてアイドリングの情報も把握したい

アイドリング情報も細かく可視化

移動情報だけではなく、アイドリングの情報も可視化されます。そのアイドリングは適切なものなのか?という視点から、売上増加やコスト削減へつなげることができます。